職場定着コンサルティング取組報告書

HOME > 職場定着コンサルティング取組報告書

採用コンサルティング・定着コンサルティング 取組報告書

本県では、若い人材の確保と職場定着という課題を抱えております。県内事業所に就職した高校卒業者の約4割が入社3年以内に離職していることから、早期離職防止対策として、入社後の人材育成制度の整備や職場環境の改善などが不可欠となっております。このような中、県といたしましては、「若年者生活基盤支援事業」において、県内事業所7社を選定し、専門家の派遣により、職場定着の課題解決を支援したところです。この事例については、他の企業にも共通する課題があると考えられることから、7社の事例をモデルケースとしてまとめて、報告書を作成しましたので、ご活用ください。この報告書が貴社の職場定着に向けた課題解決の一助になれば幸いです。

福島県商工労働部雇用労政課

事例紹介

  • ◎職場定着コンサルティング 事例① 情報サービス業
  • ◎職場定着コンサルティング 事例② その他の小売業(ガソリンスタンド)
  • ◎職場定着コンサルティング 事例③ 製造業(食品加工)
  • ◎職場定着コンサルティング 事例④ 製造業(プラスチック製造)
  • ◎職場定着コンサルティング 事例⑤ 製造業(金属加工)
  • ◎職場定着コンサルティング 事例⑥ 宿泊・サービス業
  • ◎職場定着コンサルティング 事例⑦ 旅館業

県内事業所7社の職場定着コンサルティングの事例はこちらをクリック[PDF:841KB]

このページのTOPへ