新着情報

HOME > 新着情報 > 福島県委託「職場定着コンサルティング」事例報告を公開しました。

福島県委託「職場定着コンサルティング」事例報告を公開しました。

2019.03.08

若手の人材確保と県内定着が重要課題となっていますが、県内の事業所に就職した高校卒業者の約4割が、入社3年以内に離職しています。

 

こうした早期離職を防止するためには、新入社員の人材育成制度の整備、職場環境の改善などが不可欠であり、福島県では入社前の職業意識の醸成や入社後の研修、相談体制の整備等を推進する「若年者生活基盤支援事業」を実施しています。

 

その一環として、若者の職場定着に取り組む県内事業者10社を選定し、専門家が職場定着の課題抽出や解決に向けたアドバイスを実施しました。

10社をモデルケースに作成した報告書を公開しますので、より多くの企業の皆様に、若手人材の職場定着に向けて参考していただけまと幸いです 。

 

◎詳しくはこちらをご覧ください。

このページのTOPへ